ホーム活動報告・会報記事歴史・文学散歩2019年度 歴史文学散歩コース

歴史・文学散歩2019年度 歴史文学散歩コース

①久里浜の史跡と花の国巡り

  • 実施日:5月21日(火)
  • 集 合:JR久里浜駅 10時
  • 昼 食:お弁当or外食
  • 解 散:15時頃
  • 距 離:約7km

久里浜駅(JR)~吉井貝塚・怒田城址~内川新田~八幡神社~正業寺~慈眼院・茅山貝塚~長安寺・日伏不動~蓼原古墳~久里浜天神社~久里浜花の国(昼食)~傳福寺~住吉神社~ペリー公園~夫婦橋・新田開拓記念碑~久里浜駅(解散)

久里浜は三浦半島第一の大河、平作川河口に開けた町です。その両岸には古くから人が住み着き、吉井貝塚など現代に残っています。その後古墳時代から近代まで、時代ごとに、古墳、山城、新田開発とその時代の遺跡を残しています。その中でも幕末のペリー来航は久里浜の名を全国に知らせた出来事と言えるでしょう。今回そんな歴史の残る久里浜の遺跡を訪ねて、昔を偲ぶ歴史散歩を楽しんでいただこうと思います。この時期ポピーが奇麗です。

②初秋の葉山文学散歩

  • 実施日:9月26日(木)
  • 集 合:JR逗子駅 10時
  • 昼 食:お弁当
  • 解 散:15時頃
  • 距 離:約6km

JR逗子駅~バス乗車…向原下車~葉山町図書館~西東三鬼邸跡~堀口大学邸~横光利一借家跡~森戸神社(西東三鬼・堀口大学碑)(昼食)~名島 (名島の亀)~柴崎海岸~宮城道雄旧宅~高橋是清邸跡~旧團琢磨邸~葉山一色海岸(堀口すみれ子)~旧太田治子宅~一色・大浜海岸~葉山御用邸~エビ島(加賀乙彦)~葉山公園(解散)~バス停(葉山)

9月になれば、どことなく秋の気配が感じられます。秋風が吹き、虫の鳴き声が、聞こえ出すころ、人は誰でも詩人になり、またじっくり文学書などを読みたくなるものです。葉山に住んでいた文人、あるいは作品の中で葉山を取り上げた作品は数多くありますが、今回はその作品から、葉山を愛してやまないと思われている作家の作品を取り上げ、その作品が書かれた場所や、作品の中に出てくる場所をご案内します。

③晩秋の歴史の道金沢道を歩く

  • 実施日:11月27日(水)
  • 集 合:京急弘明寺駅 10時
  • 昼 食:お弁当
  • 解 散:15時頃
  • 距 離:約5km

京急弘明寺駅~弘明寺~乗蓮寺~住吉神社~井土ヶ谷事件跡~大光寺~清水ヶ丘公園(昼食)~北向地蔵~本陣跡~金沢横丁~保土ヶ谷駅

最初に訪れるのは、弘明寺ですが、この寺は、横浜最古の寺です。本尊の弘明寺観音は今から1300年近く前、僧行基が勅命を得て、天下泰平祈願のため全国を巡錫して、この地の浄域に草庵を作り、一刀三礼(一刀刻む毎に三度礼拝する)の至誠を尽くして彫刻祈願されたのが、現在の本尊十一面と伝わります。 次に訪ねる北条政子が開基となった乗蓮寺には、政子自身が彫ったと伝わる尼将軍坐像が残されています。

④名刹池上本門寺から桜の文士村を歩く

  • 実施日:2020年3月31日(火)
  • 集 合:池上駅 (東急池上線) 10時
  • 昼 食:お弁当持参
  • 解 散:15時30分ごろ
  • 距 離:約6km

池上駅~池上本門寺(五重塔・力道山墓)~川端龍子記念館~龍子公園~馬込桜並木~熊野神社~尾崎四郎・宇野千代旧宅~熊谷恒子記念館~出世稲荷神社~湯殿神社~郷土博物館~西馬込駅

現在の大田区、馬込、山王、中央の一帯には、大正末期から昭和時代の初期にかけて、多くの文筆家や画家・書家が居住し、互いに交流しながら芸術活動を展開していたそうです。そのため、のちにこの一帯を「馬込文士村」と呼ぶようになったようです。その生活の様子は尾崎四郎の朝日新聞連載「空想部落」に、又榊原潤の「馬込文士村」に生き生きと描かれています。

以上2019年度も年四回の歴史文学散歩を計画いたしました。時間を作って興味のあるコースに是非ご参加ください。

<お願い>

悪天候等による中止、順延など決定は前日夕方までに決定いたします。また連絡のために、まだはっきり予定が決まらない人でも、参加の可能性のある方は出来るだけ連絡先メールアドレス、または電話番号を同窓会事務局にお届けください。メールの方には各コース実施前にリマインドサービスもさせていただきます。
事務局休みの場合は三春まで直接お問い合わせください。

三春 勝正 (6期)